アレルギー対策に

最近は犬のアレルギーが増えてきていると言われています。それは人間と同じように皮膚がかゆくなったりするアトピー性皮膚炎などのようなアレルギー疾患や、慢性下痢や慢性便秘などの腸疾患などさまざまなアレルギー症状が出るようになったのです。

ほとんどのアレルギーは、ドッグフードが原因だと言われています。一般的に市場に出回っているドッグフードの中でも特にドライフードに関しては、コーンや大豆などの穀物が主原料になっている製品が多いようで、これらの穀物が実は犬のアレルギーのアレルゲンとなりやすい原料なのです。

こういった穀物を排除して良質な動物タンパクである牛肉や鶏肉などを主原料におきかえたドッグフードを食べさせることでアレルギー対策になります。実際にグレインフリーのドッグフードに変えたとたんに皮膚炎や腸疾患が改善したという飼い主さんの報告もたくさんありますし、獣医師の臨床報告もあるのです。ですからグレインフリーのドッグフードは確実にアレルギー対策には効果があると言っても良いでしょう。

アレルギー症状に悩んでいる飼い主さんは、まずドッグフードの見直しを図り、アレルゲンとなる穀物がフードに含まれていないかどうか確認することをおすすめします。