グレインフリードッグフードとは

ここ数年でグレインフリードッグフードをペットショップの店頭で見かけたり、ネットのペットフードサイトで特集が組まれていたりするのを頻繁に見かけるようになりました。グレインフリーフードとは一体どんなものなのでしょうか。グレインとはいわゆる穀物のことです。そしてフリーとは不使用であるということなので穀物不使用という意味になります。

もともとグレインフリーのドッグフードが開発されて販売されるようになったのはアメリカが本家本元です。アメリカではすでに10年以上前からドッグフード製造の際にグレインを添加したりグレインを主成分にしたフードの健康に対する影響が研究発表されていました。そもそも野生時代の犬は肉中心の食生活を送っていた肉食獣なので穀物などの栄養素は犬にとっては不必要なものなのです。ですから内臓の消化能力に関しても穀物を消化吸収をうまくできるように腸は作られていないので、様々な病気の原因となることがわかってきたのです。

やがてペットフード各社が競うようにしてグレインフリーのドッグフードを製造するようになったと言われています。アメリカでは飼い主たちの愛犬に対する健康志向が非常に強く、グレインフリーのドッグフードが飛ぶように売れるようになったようです。この状況に追随するように、ようやく日本のペットフード市場でもグレインフリーの重要性や知識などが広まって、現在はグレインフリーのドッグフードの需要が非常に高まっているのです。