消化が良い

グレインフリーのドッグフードのメリットはアレルギー疾患から愛犬を守るということの他に愛犬の胃腸の健康も守ってくれるという点も挙げられます。穀物は犬にとってはとても消化がしにくい食物です。そういったドライフードを毎日与えていると、いずれは消化不良をおこしてしまい、ちょっとしたことで敏感に下痢をおこしやすくなってしまったり、軟便が続いたりということもあり、あらゆる胃腸トラブルの元凶となりうるので注意が必要です。

その点ではグレインフリーのドッグフードを毎日の主食にしていれば、良質な動物タンパク質が主原料になっているので非常に消化が良く、腸内の吸収も滞りなく行われるので愛犬の胃腸に負担がかかることは一切ありません。厳選された良質の牛肉や鶏肉といった肉類は犬の内臓を丈夫にするだけでなく筋肉をしっかり発達させるのに不可欠丈夫な栄養分になるものです。

また肉類は消化吸収が非常に良いので健康な胃腸を維持することができるというわけです。こういったことに常日頃から気をつけるだけで愛犬が健康で長生きできるのですから飼い主さんには是非ともグレインフリーのドッグフードを第一選択肢にしてみることを考えてもらいたいですね。

アレルギー対策に

最近は犬のアレルギーが増えてきていると言われています。それは人間と同じように皮膚がかゆくなったりするアトピー性皮膚炎などのようなアレルギー疾患や、慢性下痢や慢性便秘などの腸疾患などさまざまなアレルギー症状が出るようになったのです。

ほとんどのアレルギーは、ドッグフードが原因だと言われています。一般的に市場に出回っているドッグフードの中でも特にドライフードに関しては、コーンや大豆などの穀物が主原料になっている製品が多いようで、これらの穀物が実は犬のアレルギーのアレルゲンとなりやすい原料なのです。

こういった穀物を排除して良質な動物タンパクである牛肉や鶏肉などを主原料におきかえたドッグフードを食べさせることでアレルギー対策になります。実際にグレインフリーのドッグフードに変えたとたんに皮膚炎や腸疾患が改善したという飼い主さんの報告もたくさんありますし、獣医師の臨床報告もあるのです。ですからグレインフリーのドッグフードは確実にアレルギー対策には効果があると言っても良いでしょう。

アレルギー症状に悩んでいる飼い主さんは、まずドッグフードの見直しを図り、アレルゲンとなる穀物がフードに含まれていないかどうか確認することをおすすめします。

グレインフリードッグフードとは

ここ数年でグレインフリードッグフードをペットショップの店頭で見かけたり、ネットのペットフードサイトで特集が組まれていたりするのを頻繁に見かけるようになりました。グレインフリーフードとは一体どんなものなのでしょうか。グレインとはいわゆる穀物のことです。そしてフリーとは不使用であるということなので穀物不使用という意味になります。

もともとグレインフリーのドッグフードが開発されて販売されるようになったのはアメリカが本家本元です。アメリカではすでに10年以上前からドッグフード製造の際にグレインを添加したりグレインを主成分にしたフードの健康に対する影響が研究発表されていました。そもそも野生時代の犬は肉中心の食生活を送っていた肉食獣なので穀物などの栄養素は犬にとっては不必要なものなのです。ですから内臓の消化能力に関しても穀物を消化吸収をうまくできるように腸は作られていないので、様々な病気の原因となることがわかってきたのです。

やがてペットフード各社が競うようにしてグレインフリーのドッグフードを製造するようになったと言われています。アメリカでは飼い主たちの愛犬に対する健康志向が非常に強く、グレインフリーのドッグフードが飛ぶように売れるようになったようです。この状況に追随するように、ようやく日本のペットフード市場でもグレインフリーの重要性や知識などが広まって、現在はグレインフリーのドッグフードの需要が非常に高まっているのです。